【澤田さん起業記念】プロボネット起業カフェに参加した気づきです。

澤田さんと初めてお会いしたのは、プロボネットのプロボノワーカー説明会に4年くらい前に参加した時と記憶しています。

1。サービスグラントにてプロボノを始めた頃に他の団体も知りたくて、プロボネットや2枚目の名刺のプロボノワーカー説明会やイベントに参加しました。

2。プロボネットの印象は、「ゆる〜い」感じでした。

3。中小企業の支援も行うことも印象に残っていました。

4。サービスグラントがきちっとした(リッジッドな)印象なのと対照的でした。

5。同じプロボノなのに、全く違う雰囲気でした。

6。体育会系のクラブ活動と文化系のクラブ活動という感じでした。

7。本日のイベントは、事務局の中心的な存在の澤田さんが、企業のお勤めを卒業されて、起業されることをお祝いする会でした。

8。澤田さんは、「不完全なコーチ」を目指されるとのお話で、そのためのアイデアやアドバイスを参加者の方から、エールという形で送るというものでした。

9。手法としては、BMC(Business Model Canvas)とか Lean Canvasなどを使いました。

10。3つのチームに分かれて、議論した内容を「澤田さんに贈りました。」

11。最後に一本締め。。。という話が、出ましたが。。。やっぱり、やめよう〜という話になりました。プロボネットらしいなあと思いました。