One to Oneミーティングを行った気づき

 

NPO法人アラジの下里夢見(しもさと ゆめみ)さんとOne to Oneミーティングを行った気づきです。

 
 きっかけは、下里さんがFacebookで、One to Oneミーティングのお相手を公募したからです。
 
こんな面白い企画を見たことはありませんでした。つい、ポチッとしてしまいました。
 
下里さんに2つの質問を用意しました。
 
1. 「Facebookで、One to Oneミーティングのお相手を公募する」というおもしろい企画を考えたきっかけは?
 
2. 三年後のどのような団体になっていたいか?
 
1. についての意見交換
 
① One to Oneミーティングは、50回/年くらい実施している。
 
②One to Oneミーティングは、人との結びつきをつくるという点で、効率が良いと思う。一度参加した人がやめない人になる。
 
③インターンをやってみたい方は、たくさんいる。
 
でも、インターンの人は、最初の一歩がなかなか出ないことがある。
 
ツイッターでダイレクトメッセージを送り、入り口を示すと入ってくれる場合がある。
 
④雑談を大事にしている。雑談は、発言の練習になる。
 
間違いが発生したら、すぐ報告してもらえる組織作りに役に立っている。
 
 
2. についての意見交換
 
①現地に日本人が駐在できる体制を作りたい。
 
→下里さんは、広報とファンドレイジングに注力できるようになる
 
②自分およびスタッフの給与が上がるようにしたい。
 
③外部評価を受けられる体制を作りたい。
 
④認定NPOを目指したい
 
3。感想
① お若いのに、とてもしっかりした方だなあと思いました。
 
② 経営の要諦をよくご存知で素晴らしいなあと思いました。
 
③インターンの方々の活用方法が勉強になりました。最初の3ヶ月は、無給ですが、3ヶ月以降は、有給になる。
 
④報酬が、「分給」という1分単位であるのが、面白いなあと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください