2020年ソーシャル活動 のまとめ

2020年ソーシャル活動 のまとめです。

今年もみんなのさいわい の活動に多大なご支援・ご協力をいただきありがとうございました。
 
今年1年の振り返りです。
 
1。プロボノ支援・ファンドレイジング(資金調達)支援
 
今年は、5件の支援を行いました。
 
 
①NPO法人シマフクロウ・エイドさまです。
 
支援メニューは、「大口助成の調査データのまとめと法人向け説明資料の更新」です。
 
 
大口助成とは、サントリー愛鳥基金さんです。
 
シマフクロウ・エイドさんは、こちらの「鳥類保護団体への活動部門」の助成です。
 
 
こちらの調査データのまとめのお手伝いを行います。
 
また、昨年、作成した法人向け説明資料の更新とは、ウェブサイトで新しくなった部分を反映させた資料を作成しました
 
 
②NPO法人Fine さまです。
 

支援メニューは、「資金調達」です。

https://wp.me/P8xGgu-1k2

8件の助成金の下書きをさせていただきました。

③みんなのファンドレイジング部。支援メニューは、「アセスメントフォームの作成」です。

https://wp.me/P8xGgu-1kd

こちらは、みんなのさいわいの一事業部である「ファンドレイジング部」への支援です。

成果物は、20ぐらいNPOやソーシャル団体に使ってもらいました。

その中からNPO法人銀座ミツバチプロジェクトさまやNPO法人ReMindさまの支援が決まりました。

④NPO法人銀座ミツバチプロジェクトさま。支援メニューは、「資金調達です。」

https://wp.me/P8xGgu-1s6

5件の助成金の下書きをさせていただきました。
 
 
⑤NPO法人 ReMindさま。支援メニューは、「資金調達です。」
 
 
ただいま、絶賛活動中です。助成金は、7件の申請となる予定です。
 
2。プロボノ・ファンドレイジング活動の振り返り。
 
2017年から2019年までは、毎年3件でした。それが5件となりました。
 
支援内容は、プロボノ1件とファンドレイジング(資金調達)支援が、4件でした。
 
個別の助成金の採択は公表する予定はありませんが、採択件数は、累積で4件。採択金額は、累積で330万円になりました。
 
これは、みんなのさいわいのファンドレイジング支援のプロセスが有効であるとの証と自負しています。
 
 
3。NPOサポートセンターでのオンラインセミナー!
 
初心者歓迎!一緒に作る「ファンドレイジング アセスメントフォーム」
 
30項目の解説講座を主催させていただきました。
 
 
こちらは、人生初体験でした。
 
4。かわさき市民活動センターのコロナのピンチをチャンスにする伴走支援助成の伴走団体に選ばれて、3団体の支援を実施中です。
 
 
5。CRファクトリー / 上智大学コミュニティキャピタル研究会事務局さまから、『コミュニティキャピタル診断』をいただきました。
 
 
結果は、ほぼ及第点かなあという感じでした。
 
 
6。NPO法人幸区盛り上げ隊さんの賛助会委員になりました。
 
 
前からご一緒に活動したいなあと思っていた素敵な団体さまです。
 
 
7。NPO法人こまちぷらす さんの賛助会員になりました。
 
 
日本のNPO法人のロールモデルと思っています。
 
 
8。英国代表チーム川崎キャンプサポーターに登録。
 
 
コロナで開催が危ぶまれていますが、今のところ参加予定です。事務局運営がいまいちなのが、もったいないと思っています。
 
 
9。川崎市民活動センターの基盤強化助成金で、パンフレットとシールを作りました。
 
 
10。ソーシャル・ファンディング・ナイト:社会事業家(営利・非営利)のための資金と経営支援についてに参加しました。
 
 
社会的インパクト投資(世の中にいいことに投資しようという考え方)の時代がそこまできていることを学びました。
 
 
11。NPO法人日本ファンドレイジング協会の大学チャプターに参加
 
日本ファンドレイジング協会の「大学チャプター勉強会Vol.7」
 
『ふるさと納税企業版を活用した大学のファンドレイジングを考える』に参加しました、
 
 
大田区で産学連携のお仕事をしていたので、大学における資金調達に関心があり、首をツッコミました。
 
みなさん、お優しく、気づきをたくさんいただきました。
 
以上です〜

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください