3本目の五人娘を購入した気づきです。

昨年までは、日本酒は飲まないことにしていました。

お酒は、ビールかワインか焼酎でした。

理由は、学生時代に無理やりに飲んで、気分が悪くなったことがあったからです。

昨年の10月から、に佐久に毎週行くようになり、佐久 のことを知りたいなあと思って、佐久の蔵元さんを尋ねて、日本酒を買うようになりました。
すると日本酒は、ワインと似たところがたくさんあることに気がつきました。

例えば、製法、お米の種類、熟成期間などです。

東京で永山酒造のお酒を試飲させてもらったときに、永山さんから、「お米の種類によって、味の違いがわかるような作り方をしています。」

というお言葉をいただきました。とても深く感動しました。

まったく別の流れで五人娘に会いました。
こちらは、8月に訪問した浜中町の「霧多布里」で、隣に座っていた常連の方が、あまりにも美味しそうにいただいているので、ついお裾分けのおねだりをしていただきました。

こちらは、「自然酒」で、無農薬自然米、蔵付き天然菌、無添加無濾過です。蔵元は、「寺田本家」さんです。

口に含んだ時に感じる日本酒独特の味わいが強くありません。

そのため口当たりがスムーズです。そして香りがほのかにしてきます。

その後にしっかりとした味わいがくる感じです。

何か自然な何かを感じます。

今回は、カード決済ができるなどの理由で、真風堂さん経由の購入となりました。

いつか、寺田本家にお邪魔したいと思っています〜