いつも美味しいおいまつえんのディナーの秘密を聞くことができました。

それは、加藤醤油店さんでした。

続きは、こちらです。

1。おいまつえんのディナーでいつも美味しいと思うのが、お味噌汁です。

2。今日もおいしかったので、どちらのお味噌ですか?とお聞きしました。

3。先週、佐久平で買ったお味噌を自宅で食べたのですが、それよりも美味しいと思ったからです。

4。おいまつえんさんも10年前にお庭の選定にこられた職人さんにご紹介されたようです。それから、ずっと使われているようです。

5。こちらのお店のパンフレットを見ると「原料のある場合」と「原料がない場合」と書かれています。

6。「原料のある場合」とは、自宅から、お米などを持ち込む場合の意味です。佐久では、ご自宅で、農業をされている方が多いようです。

7。おいまつえんさまでは、5月に配達されたお味噌をさらに常温発酵させて、秋以降に使われるようです。

8。一度購入してみたいなあと思いました。「おいまつえん」から紹介されましたとお電話されたらとアドバイスされました。

9。お酢とお醤油も同じお店です。いずれも常温発酵なので、マイルドで優しい味になるようです。

10。大手メーカーのお酢や醤油は、生産効率のため高温で発酵をするようです。そこが味に大きな影響があるようです。

11。会社のそばなので、来週訪問したいなあと思いました。