みんなのさいわい のプロボノワーカー分析を行った気づきです。

1。みんなのさいわい の2017年と2018年の属性を比較しました。

2。属性は、「プロボノ経験があるか?」、「みんなのさいわい の団体説明会に参加したか?」、「男性・女性?」、「みんなのさいわい のプロボノの経験者ですか?」(2018年のみ)

3。2017年は、プロボノ経験者は、33%でしたが、2018年は、60%に増加しました。

4。団体説明会に参加したか?は、2017年、2018年とも約70%で変動なしです。

5。2017年の女性比率は、44%でしたが、2018年は、60%に増加しました。

PMについても、2017年の女性PMは、ゼロ%でしたが、2018年は、67%となりました。

6。2018年にみんなのさいわい のプロボノワーカーとして参加された方で、2017年から連続して参加された方は、50%になりました。

7。これらの中で、一番嬉しい成果は、50%の方が、再度参加していただけたことです。

これは、業界平均を10%~20%とすると秀逸な出来栄えと思っています。

みんなのさいわい では、参加されたプロボノワーカーの参加動機をお一人お一人確認して、参加していただき、参加動機が、満たされるように、事務局としての対応をしています。

8。来年も今年のような良い体制で、プロボノ活動ができるように、精進いたします。