9月のコーチングバンク勉強会に参加した気づきです。
 

「マスターコーチが現場で使っているフレーズとは?」と題し、安海将広コーチをお迎えしてお届けします。

コーチングを学んでいる方なら誰でも、クライアントに成果を掴んでもらいたい、達成する喜びを感じてもらいたい、と思っているのではないでしょうか?
 
当然のことですが、私達コーチも未完成、いつも発展の途中にいるので、時として上手くいくとは言えないことが起こります。
 
そんな時、あなたはどうしていますか?「自分はこれでいいのだろうか?」「どうすれば、もっと良いセッションになるのだろうか?」と考え、
 
自ら答えを探求する、または自分のコーチからフィードバックを受けるなど、様々な方法を選択していることでしょう。
 
今回私から、もう一つの選択肢として提供することは、他のコーチが現場で実際に「何と言っているのか」を知り、その背景にあるコーチのプレゼンス(考え方・態度)を理解することです。
 
この第三の選択肢を上手く自分の中に取り込めれば、あなたのコーチングの幅と深さが今以上に拡がり、深まります。そして、あなたの成長を更に加速させることでしょう。

 このセミナーは、三部構成で行います。第一部は私がコーチ役のデモセッション&振り返り・解説をします。第二部はブレイクアウトルームで皆さんに実践をしていただきます。第三部は質疑応答です。

コーチ経歴:
・東京都在住 59才 早稲田大学商学部商学科卒 宮城県出身

・1984 年 千代田火災海上保険(株) (現あいおい損保)入社
  地域担当営部にて、代理店の業績拡大を支援

・1988 年 千代田火災(株)退職後、3 年間の研修生期間後、代理店として独立。
  研修期間中の 3 年間、日本一の業績を維持

・1998 年 ビジネスコーチとして活動開始。中小企業の次世代経営幹部育成と
  企業理念浸透、個別支援と研修の両面から総合的にサポート

・2008 年 コミュニケーション道場「以心伝心」を設立

・2020 年 オンラインコーチング実践道場「以心伝心」を開始

・指導実績 :ソフトバンクテレコム、ソフトバンクコマース&サービス、ソフトバンクテクノロジー、岩田合同法律事務所、ドール、バーテック、群馬セキスイハイム、四万温泉柏屋旅館、前橋市役所、

・講演実績:青年会議所、商工会議所、ロータリークラブ等

・著    書: アヅミ式朝礼ハンドブック(ビズナレッジ株式会社 2009 年)

・資   格: 国際コーチング連盟マスター認定コーチ
・ライフワーク: ボーイスカウト、トライアスロン

コーチからの一言

この勉強会の一日があなたのコーチングライフの大きな分岐点になるかも知れません。自分のコーチとしての課題を持って参加すると更に効果的に学べます。
 

感想です。

 
1。「課題は、成長のたね」。。。「課題は、宝物」という言葉に救われました。
 
2。ただいま、大きな課題に直面しており、その対応に苦労していました。その課題が、大きな宝物に変わりました。
ありがとうございました。