全国ミツバチプロジェクトミーティング_vol.05に参加した気づきです。
 
支援先の銀ばちの田中さんから全国ミツバチプロジェクトミーティングに参加しないかとのお誘いをいただきました。
 
田中さんとつながっている日本各地のミツバチ関係者のみなさまの意見交換の場所となっていました。
 

感想

 
1。「医療従事者へ”HoneyAid”スティックはちみつを届けたい」のクラウドファンディングは、目標を達成。ストレッチの目標を設定してさらなる高みへ。
 
 
2。ハチミツをステックにすることで、コロナ時代に対応している。
 
3。熊本ハニープロジェクトというものがある。
 
4。銀座産和紙というものがある。
 
5。銀座の高速道路を緑化する計画がある。
 
6。最近、都内で、ミツバチの救出が2件行われた。
 
関連部門との連携が遅れると、苦情処理で殺されてしまうケースがある。
 
7。蜂蜜酒というものがある。
 
8。日本ミィード協会という団体がある。
 
9。旭川に「特定非営利活動法人 ほっとスペースこすもす」という団体ファがある。
 
10。はちみつマイスター協会という団体がある。
 
11。西洋ミツバチと日本ミツバチがいる。
 

感想2

 
1。ミツバチの話は知らないことばかりで大変勉強になりました。
 
2。燕は、みつばちの天敵。みつばちは、被害者。という見方になる。
 
3。みつばちを通してみた「環境」は、シマフクロウを闘して見える「環境」とは、景色が違うのかなあと思いました。
 
4。浜中町で取れるはちみつは美味しそうです。一度食べてみたいなあと思いました。