【日本ファンドレイジング協会 2020年度年次総会】及び
 
【ギャザリング―今、そして、これからのファンドレイジングの可能性】に参加した気づきです。
 
 
1。総会
 
*活動の実績と来季の活動
 
*それぞれの議案の承認
 
*参加者:160名くらい
 
2。ギャザリング
 
*話題提供 (合同会社喜代七  山元圭太郎さん)
 
 
Hope Maker
 Break the border 境界を破る
 
Active hope 望みを持ち続ける
 
Negative Capability 困難な状態に耐える
 
*(一般財団法人ふくしま百年基金 山崎庸貴さん)
 
 
*(薗田綾子さん)
 
 
*Breakout
 
3人のチームで、しんどかったことやそれへの取り組みを共有。
①しんどかったこと
 
*居場所がなくなった。
 
*影響を受けた人を目の前で見たこと
 
②それへの取り組み
 
*「私は、感染したくない。」という利己的な発言が、周りに受け入れられて、楽になりました。
 
* 政府が、影響を受けた人への支援を行ったので、よかった。
 
3。感想
 
* 日本ファンドレイジング協会の活動状況・財務状況を確認できてよかった。
 
*山元さんのお話が心に響いた。
 
*ブレイクアウトでお会いしたお二人との会話が楽しかった。