こまちぷらすの新たに理事に就任された菅原健介さん(ぐるんとびー代表)と森さんの対談を聞いた気づきです。

こまちぷらすさん:https://comachiplus.org

ぐるんとびー: https://www.grundtvig.co.jp

対談:https://www.youtube.com/watch?v=fBFJO8kmJqM&feature=youtu.be&fbclid=IwAR15w9qdKT9WkUeNQXPu_uvT6981oAS27jC7aPXXrYGoHs0dZge_0vEXH8U

1。菅原さんの自己紹介。

 
* 介護事業所の中にボルダリングがある。
 
* 団地の中に、介護事業所を作った。
 
* 困ったら、助けあったらいい。
 
* 介護・医療のお金で地域を支える。
 
* 認知症になっても役割がある。
 
*「地域を大きな家族に」
 
*「こうしなきゃあ」が多すぎる
 
* 死も子供たちにプレゼントする。→死生観を持ってもらう。
 
* 社会は変えられないが、地域は、変えられる。
 
* 一つの形に拘らない。
 
*「こういうふうに」が多すぎる。
 

2。菅原さんの3つの転機は?

 
①中学からデンマークへ
 
*自由。人がフラット。政治家が偉そうでない。車椅子の介護は、周りの人がすすんで行う。
 
*高校に入学する時に間違って、隣の学校に行ってしまい、ソフトボールでホームランを打ったら、仲良くなった。
 
*「お前は、どうしたい」→「残りたい」→今日からゲストだ。
 
* みんなで話してみんなで決める。「お前はどうしたい」が通る社会。
 
*正装の日にジャージできた子がいた。「本人がジャージを着たいのならそれでいい」と言える社会。
 
*自分の状況・好き嫌いを自分で選択できる社会。
 
*(日本の場合)正しさを固定化しないと不安になる。→全員に「何がしたい」と求めることは、酷かも。
 
②貧乏旅行
 
*ナイロビ。呪術。夜から朝まで踊り、憑依する。
 
*ウゼエ・マビが、尊敬されている。マビとは、うんち。すぐ漏らす。奥さんには、おこられる。
 
*16歳の娘が、60歳の老人と結婚する。僕は、おかしいと思ったが、当人たちは、とても幸せそう。
 
③東日本大震災
 

3。価値観

 
*じいちゃんにラーメンを食べさせたら、100万ページビュー。「ああうめえ」。でも炎上している。
 
*価値観が偏っている。安全に偏りすぎている。→くらしが息苦しくなる。→振れ幅を確保した社会が大切。
 
*パーキンソン病の方に、「顔硬いねえ」と言い合える関係。「うるせえよ」と言える関係。
 
*「片足の楽しさなんかわからんじゃろう」
 
*「言っちゃいけない」に偏りすぎている。
 
*「プールに行きたい」ガンの末期患者。病院は勧めない。「俺は行きたい。」→プールに1時間入った。足が痛い。でもうれしかった。
 
*「人がやりたい事がやれる社会を作ってくれ。」が遺言。
 
* 次男は小学4年生。2年間不登校。→「不登校と言わないで」という不登校支援(学校へ行けではなく、不登校でいいんだよ)の活動を開始した。
 

4。10年後の未来(希望)は?

 
*「そこの街の人が、話し合って街を作っていく社会」
 
*「ほどほど幸せな毎日に感動できる豊かな人のつながりを創る」
 
* みんな同じ価値観でなくても良い。
 
* 創造力のつばさを広げる
 
* 正解は、わからない。正解を思い込まない。
 
* 介護事業は、目的ではなく手段。
 
* 地域の食事は、地域で創る。子供は無料。大人は、定額。
 

5。感想

 
* 私は、大学を卒業して、社会人になった頃、
 
「自分で現場をみて。自分で考えて、自分で行動する。」社会人になりたいと思っていた事を思い出しました。
 
*「お前は、どうしたい」と聞かれることが、大好きな私です。
 
* 菅原さんのお話を聞いている森さんがとても嬉しそうでした。
 
以上