【登壇企業】

1.    クラウドローン株式会社

https://crowdloan.jp


融資で金融機関と個人をつなぐ「クラウドローン」というマッチングプラットフォームです。

ユーザーは、年代や家族の構成、ローンの利用目的や希望額、

年収から住居エリアなど個人情報を必要としない12の質問を回答することでアカウントを登録します。

銀行など金融機関はユーザが登録した情報から、融資の提案をクラウドローン内で行います。

ユーザは希望条件で融資してくれる金融機関を効率よく探し出すことができ、金融機関も効率よく集客を行うことができるようになります

2.    シールドバリュー株式会社

https://www.sealedvalue.jp



 弊社は、リコチケというチケット販売プラットフォームを運営してきました。

そこで得たノウハウや経験をもとに、さらに進化させた新世代チケットプラットフォーム「SmartDoor」を今年は新規事業として展開していきます。

SmartDoorは、余暇の利用の仕方が多様化している、今の時代にあった形のプラットフォームを目指しており、特許取得を準備しております。


3.    株式会社toraru

http://toraru.co.jp





弊社は現地人材と依頼社を繋ぐ、遠隔作業代行のアバターサービスであるGENCHIを運営しております。

現地人材とお持ちのスマートフォンを使ってお仕事として現地のアバターになってもらい、

その方をリアルタイムに口頭指示で動かして、その映像・音声で現地・現場を共有しながら作業指示をすることが出来ます。

遠隔地にいながら疑似的に現地・現場にいるように作業指示をすることが可能になります。

4.    株式会社LifeView

http://lifeview.co.jp



経営に携わりたい個人と事業承継をしたい(後継者を探している)企業とをインターンを通じてマッチングさせるプラットフォーム。

経営に携わりたい個人が事業承継をしたい企業にインターン応募を行い、

一定期間(半年ほど)インターンをしながら、企業課題や今後の戦略を検討した上で、実行します。

企業が個人のインターンを評価し蓄積させることで、その人材が経営人材として適しているかの判断ができるようにもなります。

5.    株式会社キュカ

https://www.qccca-corp.com



言いづらい、言えなかった問題を顕在化させるVoiceUPのPF(プラットフォーム)と

そこから生まれる稀有なビッグデータを力に社会を変えるアクションを行うロケーションベースのセーフティコミュニティ。

プロトタイプとして、痴漢レーダーをフックに、街中の被害(痴漢、盗撮、暴力、暴言、虐待)、

災害後の困ったと助けたいのコミュニティ、インフラの不都合(道路陥没、不法投棄、施設の不備など)など、

ロケーションベースにこれまで可視化されて来なかった不条理不都合の可視化と、それをエンパワーする仕組みを提供


【コメンテーター】

■イークラウド株式会社 代表取締役 波多江 直彦 氏

慶應義塾大学法学部卒業後、サイバーエージェントに入社。

広告代理部門、スマホメディア、オークション事業立ち上げ、

子会社役員等を経て、サイバーエージェント・ベンチャーズで投資事業に従事。


その後XTech Venturesにてパートナーとして、

VRSaaS・モビリティ・HRTech・シェアリングエコノミー・サブスクリプションサービス等への投資実行を担当。

20187月にイークラウド株式会社を創業、代表取締役に就任

インキュベイドファンド株式会社 種市 亮 氏

201110月楽天株式会社に入社。

名古屋支社にて4年間楽天市場出店企業のコンサルティング・営業に従事後、金沢支社の責任者を経験。

その後本社に戻り楽天キャピタルにてEコマース・ヘルスケア領域を中心とした

スタートアップへの投資検討及び様々なバリューアップ支援を経験。

20184月インキュベイトファンドへ参画、

アソシエイトとして新規投資先発掘、投資先バリューアップ、人材採用支援等を担当。

立教大学 経済学部卒

K-NICスーパーバイザー 岡島 康憲 様

2006年、電気通信大学大学院修了後、NECビッグローブ株式会社(現:ビッグローブ株式会社)にて動画配信サービスの企画運営を担当。

2011年にハードウェア製造販売を行う岩淵技術商事株式会社を創業。自社製品開発以外にも、

企業向けにハードウェアプロトタイピングやハードウェア商品企画の支援を行う。

2014年、ハードウェアスタートアップアクセラレータ「ABBALab」の立ち上げや

ハードウェアスタートアップ向けのシェアファクトリー「DMM.make AKIBA」の企画運営並びに

同施設が企業向けに提供する各種研修の開発/講師を担当。

2017年、センサーデバイスにより収集した情報の可視化プラットフォームを提供するファストセンシング株式会社を創業。

マーケティングを中心とした業務を担当。

(感想)
1。みなさま、楽しそうなのが、よかったです。

2。社会を変えるぞ〜という心意気がビンビンと伝わってきました〜