川崎市幸区小向西町の「鈴舟 りんしゅう」さんに行きました。

 
年末に見たTVKの幸区めぐりに出ていた海苔屋さんです。
 
お店の入り口から、海苔の切断機が見えて、手作り感満載という感じでした。
 
勤務先に行く道が、「鈴舟」さんの前を通るので、いつも気になっていました。
 
私は、海苔が大好きで、毎日1枚以上は、食べてきました。たくさん食べるので、コスパ最優先で選んでいます。
 
でも最近、それが、あまりおいしくないなあと思うようになりました。
 
そんな時に「鈴舟」さんが気になって、入ってみました。
 
午後6時頃なので、あたりは、暗く、中に二人の方が、いました。
 
自動ドア越しに、「まだやっていますか?」と聞いたら、「まだやっているよ」と言われました。
 
自動ドアは、すでに電源が落とされたせいか、重い手動ドアになっていました。
 
「どれが、オススメ?」「この辺りかなあと高いのりを勧めてきました。」
 
「自家用だから、あんまり高くなくていいよ」「じゃあこの辺りかなあ」と2種類を勧めらました。
 
 
「それをお願いします。それと、この刻み海苔も」
 
 
「もう何年やられていますか?」「ここでは、25年。その前は、塚越でやっていました。」
 
「それは、老舗ですね。」「母が、羽田沖で海苔を取っていたんだよ」
 
この辺りでワサビ入りの海苔をおまけで、入れてくれました。
 
     
 
「どのあたりにお住まいなんですか?」「幸区の鹿島田です。」
 
そうなんだ。また来てね。よろしくお願いします。
 
どんな味か楽しみです〜