マンダラエンディングノート(1000円+税+送料)を一般社団法人マンダラエンディングノート普及協会さんから購入して書いた気づきです。

 
(以下説明です)
 
マンダラエンディングノートとは、資産の一覧や保険の内容を書き留めておくといった、
 
単なる個人の遺言帳のように使うだけのものではありません。

マンダラエンディングノートとは、自分の「思い」をノートに込め、

その「思い」を共有することで自分や家族、周りの身近な人の「今とこれからを幸せに生きる」ノートです。

「よりよく死を迎えるためのノート」としてだけでなく。「これからをどう幸せに生きるか」が見えてくるノート。

そこが、他のエンディングノートとは違うマンダラエンディングノートの最大の特長です。

1。財産、大切な人へのメッセージ、相続・遺言、病気・介護状態になったら、葬儀、お墓(納骨)、私の人生、供養について、質問に答えていく。

2。その後、上記のそれぞれについて、まとめていく。

3。わかったこと

*自分は、財産は、全てお金に替えて、分割したいと思っている。

*大切な人へのメッセージは、全て「ありがとう」

*相続・遺言は、友達頼み。

*病気・介護状態になったら、家族の世話になりたくない。

*葬儀は、残った人へのおまかせが多い。

*お墓(納骨)は、川崎市内の市民墓地を希望。

*私の人生は、「独立」が大切。

*供養は、「あまりなくなった人のことを考えたことがない。」

4。ぼやっとしたことが、はっきり見えてきました。

5。次回は、入門コースを受けみたいなあと思いました。