PDエアロスペース 宇宙ハウス受入面談に参加した気づきです。
 
PDエアロスペースは、名古屋市の宇宙機開発のベンチャーです。
 
宇宙ハウスとは、そのボランティア(プロボノ)の集まりの組織です。
 
会議は、Zoomを使って、PDエアロスペース側+応募者で計10名くらいでした。
 
自己紹介の後に、今後のプロセスの説明がありました。
 
自己紹介では、ボランティアであっても、宇宙開発に関わりたいという参加者のみなさまの熱い想いを聞くことができました。
 
参加者は、開発に関わるエンジニアの方々とそれ以外の方々(主にビジネス関連)でした。
 
わたしも手はあげてみましたが、具体的に本当に役に立つような役割をアサインされるのかなあと思いました。
 
具体的なアサインの連絡は、2週間後のようです。
 
アサインされたら、お役に立つような成果を出せればいいなあと思っています。