久米島訪問の気づき その2です。
 
次の話題は、久留米絣です。
 
小学校・中学校・高校の同級生の柿沼君から、
 
久米島絣は大変高価な品なので見るだけになると思います。」と言われました。
 
柿沼君は、埼玉県飯能市で、「きもの処かきぬま」を経営されています。
 
 
 
そして、久米島紬の展示資料館に行きました。
 
そこで、久米島紬の工程をビデオでみました。
 
高い理由は、下記の点かなあと思いました。
 
①絹を使っている。
 
②デザインを決める。
 
③デザインに合わせて、糸を天然素材(久米島にある草木)で染める。
 
④デザインに合わせた糸をセットする。
 
⑤機織り
 
⑥きぬ叩き
 
⑦仕上げ
 
など、気が遠くなる行程となっているためです。
今回、素敵なデザインのシャツ(一部に久留米絣を使っている)をいただきました〜
 
お蚕さんは、山形県産のものも使っているようです。
 
行程と写真です。
 
1。養蚕(おカイコさん)です。
 
 
 
 
 
2。糸つくり
 
 
お鍋から直接糸をとる。
 
お鍋から上げて、乾かしてから糸をとる。
 
3。デザイン
 
 
4。色をつけないところは、巻ものをします。
 
 
 
5。機織り前の準備
 
 
 
 
 
   
 
6。機織り
 
 
 
  
 
7。絹で叩いてなじませる
 
 
8。仕上げ
 
 
9。完成品
 
 
11。モデルさん