「Road to 2030- 寄付や社会的投資が進む社会を一緒に実現していくためのワークショップ」に参加した気づきです。

日本ファンドレイジング協会さんのイベントです。

https://jfra.jp

10周年という機会に、これからの10年で実現したいことをまとめた「10周年宣言」

具体化するための道筋(参照:2015年作成TheoryofChange)を、

皆様とともに考えるワークショップでした。

具体的には、期待された結果が生まれるための事業が既存の事業でカバーされていないところがあり、

そのあたりをチームに分かれて、ブレストしました。

三宅は、宣言5のファンドレイザーが輝く社会を実現する。というチームでした。

チームメンバーには、AAR Japanの五十嵐さん、草の根金融研究所の多賀さんがいらっしゃいました。

https://www.aarjapan.gr.jp

http://tagashunji.net

 

3。その意味でみんなのファンドレイジング部の取り組み(成功報酬型でのNPO支援)は、

その解決の入り口として意味があるのかなあと思いました。

http://minnanosaiwai.com/みんなのファンドレイジング部/

日本ファンドレイジングの守備範囲はとても広くリソースが限られていることがよくわかりましたので、

協業できることがありましたら、実行してみたいなあと思いました。