第77回「こすぎの大学~武蔵小杉でブレークスルーする~」に参加した気づきです。

初参加です。オカポンに川崎100人カイギでお会いして、お誘いを受けました。

素敵な言葉だなあと思いました〜

講師は、同窓の東京理科大学のリケジョのかおりんでした。

お声が大きい方です。笑い声も大きいです。

コーチング系の講師の方は、大事なことを「ボソボソ」いう方が多い感じですが、

ちょっと変わり種かなあと思いました。

自分の悩みや夢を紙に書きました。

それについて、2人でペアを組みました。

一人が、話役、もう一人が聞き役。

聞き役の方は、傾聴します。ひたすら相槌を打ちながら、3つの質問をします。

「それをなぜ選ばれたのですか?」

「それを選ばれたきっかけは?」

「それが達成できたら、どのようになるのですか?」

話役は、そのような会話の中で、「気づき」を得られるかもという感じです。

私は、気づきを得られませんでしたが、

私のお相手の方は、気づきがあったようで、

急にお顔の色が明るくなり、目がキラキラしてきました。

そして、「そうだよ。そうんなんだよ。」とうなずき出しました。

私をそれをニコニコしたながら、黙って見守っていました。

短い時間でしたが、楽しい時間をありがとうございました。