川崎100人カイギVol.02に参加した気づきです。
 
第一回が楽しかったので、第二回に参加しました。
 
1。全体な流れがわかっているので、前回ほどのワクワク感はありませんでした。
前回は、70名。今回は、60名の参加という感じでした。
男性の参加が多い感じでした。
 
女性がもっと参加しやすい仕掛けあるともっとよくなるかなあと思いました。
 
2。今回10名くらいの方とお話できたので、そちらが良かったです。
 
特に高校の先生、郵便局の方は、あまりお話する機会がないので、良かったです。
 
3。峯 荒夢さん。
先日20周年パーティに参加させていただいた会社の方。
 
ガイアックスという日本の会社らしくない会社のお話が聞けて楽しかったです。
 
4。岡本 克彦さん。
こすぎの大学の創業者。
前から、「こすぎの大学」は、気になっていました。
 
でも「小杉で大学」は、ないよなあという印象があり、参加していませんでした。
 
岡本さんのお話は、「私」の話でとても共感しました。
 
早速、3/22のこすぎの大学のパパの会に参加申し込みをしました。
また、お会いできることが楽しみです。
 
5。坂和 寿忠さん。
黒板の会社の跡取りとして生まれ育ったことが、
あまり好きではなかったという「私」のお話に共感した後に、
 
最近のAIやIOTを使った黒板のプレゼンは、圧巻でした。
 
6。Ashさん。
日頃お聞きする機会が少ない、演出家のお話がとても新鮮でした〜
 
7。小俣 博司さん。オープンデータの東大の先生。難しいお話をわかりやすく説明してくれました。
 
中盤の「川崎の日本一って何か知っている?」などの掴みが絶妙で、楽しくお話を聞くことができました。
 
8。今回から運営スタッフとして、会場案内の依頼を受け受諾していたのですが、遅刻してしまいました〜
 
後は、ビールを飲んで、普通に楽しんでしまいました。
今後、少しづつ関わりを深められたら良いかなあと思いました〜
 

==ゲスト==
■峯 荒夢
株式会社ガイアックス

シェアリングエコノミーに注力する株式会社ガイアックスでRNDを担当。

シェアリングエコノミーを支える最も重要な技術としてブロックチェーンに取り組む。

中間者搾取が排除され、フェアで不正の無い世の中を実現を目指している。

社外では、ブロックチェーンの国際標準化を検討するTC307/ISO国内検討委員にも名を連ねている。

■岡本 克彦
日本電気株式会社
こすぎの大学 岡本克彦(オカポン)

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。
NECに勤務し、ブランド戦略を担当。

2011年、企業人が会社の枠を超えて価値共創する「企業間フューチャーセンターLLP」の立ち上げに関わる。

その経験を活かして、自分が住まう街 武蔵小杉を中心に地域デザインに取組み始め、

2013年よりソーシャル系大学「こすぎの大学」、

シビックプライドに溢れる街づくりを目指した「川崎モラル」を企画運営する。

公私を融合させた「働き方」や「楽しみ方」を模索中。
https://www.katuhiko0821.com/

■坂和 寿忠
株式会社サカワ 代表取締役

今年創業100周年を迎える黒板メーカー、株式会社サカワ代表取締役社長。

1986年6月18日 生まれ。愛媛県出身。大学を卒業後、家業の黒板メーカーに入社。

教育のICT化に従事し、自社サービスのアプリやプロジェクター、AIシステムなどの開発を手がける。

2018年11月 代表取締役社長に就任。

「とりあえず、やってみる」が信条で、当面の目標は「板書のデジタル化」という黒板業界の革命的リーダー。

■Ash
カワサキアリス
東京芸術大学音楽学部卒業。

ク・ナウカ シアターカンパニー演出部を経て、フリーの演出家に。

『ロミオとジュリエット』『マクベス』等の古典作品を現代の文脈と身体性で捉えなおす演出手法で、

数多くの国際共同製作、海外公演を手掛ける。

利賀演劇人コンクール2017で上演した『青い鳥』で優秀演出家賞受賞。

■小俣 博司
オープン川崎/Code for Kawasaki 主宰
東京大学生産技術研究所特任研究員

福井県鯖江市のオープンデータの取り組みを支援し、

その後 Code for Japan のフェローとして福島県浪江町役場に勤務、Androidタブレット事業に従事する。

 
現在は東京大学生産技術研究所特任研究員として研究に従事しながら、
 
シビックテックやオープンデータ/オープンガバメントの普及に向けて精力的に活動している。
 
オープン川崎/Code for Kawasaki 主宰、アーバンデータチャレンジ事務局、CivicWave運営、CIVIC TECH FORUM 2018実行委員なども務める。
 
共著に『シビックテック』(勁草書房)