みんなのさいわい Trellisプロジェクト。支援メニューは、「組織が持続可能な形で運営していける基盤づくり」です。


ESUHAI CO.,LTDの東京事務所の清水寛子さまにヒアリングを行いました。
http://jp.esuhai.com

ESHAIさまは、ベトナムの会社で、日本語に特化した人材育成をされています。JICAの三村さんに紹介していただきました。


1。社長のレ ロンソン(LE LONG SON)さんは、2001年から中小機構のアドバイザーをされていたようです。

2。ビジネスマナー教育・意識教育・言語教育の3本柱。

3。最近、問題になっている高額手数料をとるブローカーが入り込めないプロセスを構築した。

4。ベトナムに研修に行って、ベトナムに帰ってくると、名目賃金の差が気になって、真面目に働けなくなってしまうことがあるようです。

5。ESUHAIさんは、日本での技能研修を終えて、ベトナムに帰国した後の再就職支援もしている。

6。現在3700名の学生が、ベトナムにいる。

7。勉強は、自己投資という考えから、日本語を学ぶ生徒から安価で良心的な学費をいただいています。

8。日本語検定N3を取れるとベトナムで日本語の通訳などのお仕事の可能性が広がる。

9。リーマンショックの後は、大変だった。

10。ベトナムで戦争の影響を受けた方々に5軒のお家を寄付されました。http://jp.esuhai.com/magazine/3D34A/今回のミッションに参列した.html


感想

1。とても丁寧な対応をいただきありがとうございました。

2。ベトナムにおける日本語教育は、小さな団体が、Piece to Pieceで行うととても大変。ESUHAIさんぐらい大きくなるとある程度いい感じになる。でもここまでくるのには、大変でした〜とのことです。

3。私の知り合いの企業さん、NPOでESHAIさんに繋げられるところがあれば、繋げたいなあと思いました〜