みんなのさいわい NPO Trellisプロジェクト。

 

支援メニューは、「組織が持続可能な形で運営していける基盤づくり」です。

 

ヒアリングのまとめを行いました。

次回は、中間提案に向けたチーム会議を行います。

1。日本語教育学会という団体がある。

公益社団法人日本語教育学会は、日本語を第一言語としない者に対する日本語教育の研究促進と振興を図り、もって我が国の教育・学術の発展並びに我が国と諸外国との相互理解及び学術の交流に寄与することを目的としています。

2。文化庁に日本語教育をする機能がある。

3。日本・ベトナム経済連携協定(EPA)に基づく日本語教育がある。

4。ベトナムの看護大学には、老年看護科・老年看護学がある。

ベトナム今後、急速に高齢化社会になるとの想定があるようです。

その意味で、日本から、高齢者看護のノウハウの吸収をしたいと考えているようです。

5。ベトナムの方が、日本で看護師と働く場合は、日本語レベルN1レベルが、要求される。

介護士は、N3のようです。つまり、ベトナムでは、看護師の方が、日本語のレベル問題で、介護士になってしまう場合があるようです。

6。特定非営利活動法人 外国人看護師・介護福祉士教育支援組織という団体があります。

外国人研修生(看護師・介護福祉士候補者など)に対して日本語および国家試験対策学習への教育支援、異文化交流に関する事業を行い、

国際的文化・技術の交流と協力、相互理解、国際親善に寄与することを目的とするNPO法人です。