みんなのさいわい  シマフクロウ・エイド プロジェクト。

「法人会員を増やすための戦略立案」というテーマで、Salesforceの遠藤理恵さんにヒアリングを行いました。

https://fishowlaid.jp

遠藤さんとは、Canpanセミナーにてお会いしました。

もうすぐお子様が生まれるという時期でしたが、とても明るい方だなあと思いました。

今回は、大変お忙しい中、お時間をいただけたことに感謝いたします。

1。Salesforceさんは、Japanで1200の団体さんと関係がある。

2。NPOなどの支援のスキームは、3つある。

*製品:無償また安価で自社製品を提供する。

*社員ボランティア。

①製品の導入支援(プロボノ)という形

②ご依頼があった場合に個別支援という流れ。

*Salesforce財団から助成。

①教育
②若者の就業支援

3。北海道では、札幌NPOセンターと協業している。

4。導入支援としてWebにての説明会を行なっている。

5。本川牧場の事例。3万頭の牛さんにバーコードをつけて、個体管理をされています。

これ、道東の酪農家の方に紹介したいと思いました。

6。Salesforceとしての考え方

①ビジネスが世界を変える。(ビジネスが、社会貢献を通じて、世界を変える。)

②パートナー企業に社会貢献のコミットメントを求める。君もやったほうがいいよお〜という感じ。

③入社動機の中に、「社会貢献ができるから」がある。

④社会貢献に参加した社員の感想

 *チームビルディングが促進される。

 *広い視点が広がった。

 *人間的に成長した。

 *プロフェショナルスキル(例えばプロジェクトマネージメントスキル)が高まった。

 *お客様視点で、自社製品を語れるようになった。

7。感想

*熱く語る遠藤さんの言葉に引き込まれました。

*Salesforceは、世界のエクセレントカンパニーと思っています。このような環境で働ける皆さまは幸せと思います。

(三宅は、80年代・90年代に、当時のエクセレントカンパニーに勤務していたことを懐かしく思いました。)

*Salesforceさんの活動にアラインできるといいなあと思いました。