たっちゃん、トヨタ財団国内助成プログラム公募説明会&調査設計入門講座(トヨタ財団×日本財団CANPANセミナー)に参加した気づきです〜

アジェンダ
1。トヨタ財団国内助成プログラム説明&質疑応答

2。社会調査入門講座(株式会社風とつばさ 水谷衣里さん)

*社会的な調査とは、「社会的な問題意識に基づいてデータを収集し、そのデータを使って、社会について、考え、その結果を公表すること」

*目的は、①課題を可視化する。②人を巻き込む

*種類は、①文献調査、②聞き取り調査」、③サーベイ調査の3つがある。

*実証主義(普遍的に見える因果関係を見出し、それに基づく将来予測を行う。)

と解釈主義(聞き手によって話が変わることを前提に物事を考える。政治的な弱者に光をあてる。

*仮説とは?真偽は、ともかくとして、現象や法則性を説明するのに、役立つもの。

*仮説思考とは?手元にある限られた情報や知識をもとに仮説を立てながら、解決策を考えて、実装し、必要に応じて検証する。

*仮説は、検証しながら、柔軟に修正していく。

*裏切られやすい仮説を作る。①はっきりしていること。②前提や条件が明快であること。

*分解していくと仮説は、作りやすい。

①ステークホルダーごとに。

②属性でごとに。

③ペルソナシートを書いてみる。
 

3。助成事例報告(NPO法人OVA 伊藤次郎さん)

*「声なき声」に支援を届けるー新たなアウトリーチ展開のための調査ー

*インターネットゲートキーパー活動

①検索連動広告

②特設サイト

③メールで相談

④現実の対面相談機関へ

*支援の現場から感じる問題意識

①相談者は、複数の問題を抱えている。

②「助けて」の声をあげずに生きずらさの階段を転げ落ちる人が多い。

③「より支援が必要な人に支援が届いていない現状」ー>「声なき声問題」と名付けた。

④「声なき声」の可視化を計った。

*負のサイクルを止める。
 

4。感想
*80名の定員が、ほぼ満員。個別質問も20名くらい。大人気でした。

*しらべる助成に採択されるために、事前の「しらべ」が必要であることがわかりました。

*社会調査のお話は、系統的でわかりやすかったです。プロボ支援で、「課題整理」や「仮説検証」を行ってきましたが、系統的な考え方を知りませんでしたので、とても参考になりました。

*助成事例は、わかりやすい内容でした。プレゼンのバランスがよく、まさに「ロールモデル」という感じでした。