決済代行会社 A社についての体験とその気づき

1。あるNPOに毎年寄付をしていました。支払いの決済代行は、A社でした。A社は、手数料が安いために、NPO業界で広く使われている様です。

2。カード会社の支払い予定から、A社への引き落としが見つかりました。

3。諸事情あり。寄付をやめたいと考えていましたので、寄付の停止の手続きを行い、完了しました。

4。当然、引き落としは、されないものと思いましたが、念のために、引き落としは、されないか?確認をしました。

5。結果は、引き落としはされるのこと。理由は、「キャンセルというお話になりますとこちらでは対応出来かねてしまいます」とのこと。寄付先のNPOへ相談しろとのこと。

6。「貴社の対応があまり親切で無い様に思います。貴社の対応が、適切か、「消費生活センター」に相談してみようと思います。」と返信したところ、

7。「親切ではないという事での対応ではございません」との回答。

8。寄付先から、その分の振込をしてくれるとの連絡があり、一件落着。

9。一般常識として、支払う先(今回のケースでは、私)が、支払う意思がない旨を明確にしているのに、「対応できかねます」とおっしゃる決済代行会社は、市場で生き残れないかなと思いました。

10。このようなサービスレベルが低いが、手数料が安いので、NPO業界に残っている原因は、NPOの利益性が確保されていないのも原因の一つかな思いました

11。自分が決済代行の会社を採用する場合は、このような点に留意したいと思いました。