マーク加藤さんの講演会を聞きに行きました。

マークさんは、HPの先輩であり、社会貢献をする方のロールモデルです。

マーク加藤さんの講演会を聞くのは、3回目でした。その気づきです。

1。最初に聞いたのは、58歳でHP社を退社するまで、無料のセミナーでした。アメリカのお菓子を袋に入れて、質問に答えて、正解の方には、そのお菓子を投げてくれるというスタイルです。

2。3回とも講演の大きなテーマは同じ(シリコンバレーの現状と日本ができること)ですが、内容は、どんどん充実してきました。

3。いつも歩き回って、マイクは使わず、地声でお話するスタイルです。後ろに半分以上おられるので、寝たい人は、前に座るように言われます。

4。辛口ですが、関係者に十分配慮された講演なので、後味が悪いことは一度もありません。

5。自分の自慢話や講演の中で、特定の企業や政府機関におべっかを使ったこともありません。私心がないということです。

6。今年、66歳との事ですが、まだまだ100歳くらいまで講演を続けてもらいたいと思います。

7。今回の講演場所は、経産省の別館でした。はじめは入りましたが、少しも気取ったところがなく、食堂が充実していて、美味しい昼食をいただけました。

8。今回のセミナーの気づきです。

セミナー報告

 

・日時:平成29年11月30日(木)10時00分~15時30分

※途中、12時00分~13時30分は休憩

・場所:経済産業省別館 2階 227会議室

・講師:Mark Kato氏

・内容:シリコンバレー流プレゼンテーションに学ぶ-効果的なプレゼンのコツ!

(午前の部:10:00~12:00)効果的なPRを行うために必要となるマーケティング戦略について

(午後の部:13:30~15:30)シリコンバレー流プレゼンテーションに学ぶ-効果的なプレゼンのコツ

 

  1. 効果的なPRを行うために必要となるマーケティング戦略について

(ア)   日本の現状

①      GDP。3位(2000年)->42位(2016年)

②      IMD国際競争ランキング1位(1990年)->26位(2016年)

(イ)   以前は一位だった。

①      半導体

②      携帯電話

③      家電

(ウ)   唯一のこったもの

①      自動車産業―>自動運転等の変革期を迎えている。

(エ)   日本製品は、よい。品質も高い。->世界で売れない。

①      iMode

②      新幹線

③      HDTV

(オ)   成功するビジネス

①      持っているリソース(物。人。金。時間)を有効的に最小限に使い、速やかに最大限の出力を得る。

②      指数的な成長(成長エンジンが10年ごとに変わるシリコンバレー)

③      焦点を絞る。市場・長所・必要をそれぞれ5点満点で評価。それらの掛け算結果で評価する。

④      日本は、マーケッティングが、弱い。

  1. シリコンバレー流プレゼンテーションに学ぶ-効果的なプレゼンのコツ

(ア)   理想的なプレゼンテーション

①      ストーリーがある。->日本人が弱い。

②      簡潔でだれにでもわかる。->日本人は、詰め込みすぎ。

(イ)   英文の書き方

①      アメリカ人は、結論から。

②      アジア人は、なかなか結論にいかない。

③      アウトライン(骨組み)を最初に書く。

④      パラグラフの書き方を使う。―>決まった構造を持つ。

  1. トピック・センテンスー>自分の訴えたいことに絞る。一番大切。
  2. コントローリング・センテンスー>もうすこし、絞り込む。
  3. サポーティング・センテンスー>具体例。
  4. 結論―>トピック・センテンスの繰り返しで、表現を変える。

⑤      作成の前に

  1. 用途・聴衆・人数を確認
  2. 考慮する項目を確認。

⑥      作成から発表まで

  1. アウトラインを作成する
  2. はじめから英語で作る。

⑦      発表前

  1. 完全な事前順部(ドライランなど)
  2. コツ(恥ずかしがらない)

⑧      発表

  1. 短いプレゼンテーションを心がける。
  2. Guy Kawasakiの10(スライド枚数)-20(発表時間)-30(フォントの大きさ)Rule
  3. 漫才からまなぶ(漫才先生)

 

以上