すんなり、腹落ちする 素晴らしいお話です。

「人間はみな自分の見たいものしか見ようとしない」と言ったのはジュリアス・シーザーでした。もともと、人間の脳は自分の都合のいいように世界を見るようにできているそうです。

2017年5月7日のフランス大統領選挙でエマニュエル・マクロンが勝利しました。これに対して「相手がマリーヌ・ル・ペンだから勝てた」「反EU(欧州連合)はリスクが高いから、国民は仕方なくマクロンに投票した」とコメントする人が多くいました。

では、そんな人々が以前に何を言っていたか。調べてみると、「ブレグジット(Brexit)によって、EUは終わった」とか「アメリカのドナルド・トランプ大統領の出現によってグローバリゼーションは終わった」とかで、今回も「だから、マクロンは大した人物ではないのだ」と発言しています。

続きは、こちら。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/269473/071400094/?P=1