64才の新入社員の気づきです。

11/1からJICAで調達の契約のお仕事をしています。
 
フルタイムで最大3年間のお勤めです。
 
年金をもらっている世代のみなさまから見ると何で??という感じかなあと思っています。
 
その辺りをお話ししたいと思います。
 
前の仕事は、大田区産業振興協会の業務委託で月14日ぐらいの仕事でした。
 
そんなに時給が高くありませんが、昨年4月にこちらのお仕事を始めた頃に、
 
どのように仕事を進めて良いか試行錯誤している時がありました。
 
その時に、「三宅さんは事務所にいても価値がないので、自分が一番良いと思う方法を好きなようにやって良いよ。」と言われました。
 
その通りに好きなことを最初の1年間は、させていただきました。
 
しかし、いつの間にか、「自分のやりたいことをやっていることが、自分のいる組織に取って、最良のものだ」という思い込みがどんどん強くなっていきました。
 
すると、周りの方が見る目と自分の意識の差がどんどん広がってしまいました。
 
JICAに応募した時はそのような意識のギャップを感じて、新しい仕事に挑戦してみたいなあと思いました。
 
大田区産業振興協会の前職のPhaseOneでも、
 
「三宅さんは、自分が一番良いと思う方法を好きなようにやって良いよ。」と言われました。
 
その時も好きにさせてもらい、大きな成果を上げましたが、最後に。。。となってしまいました。
 
JICAの応募は事前にPartnerというサイトに事前登録するとどのような職種がオープンになっているかみられます。
 
ご興味がある方は一度登録されてみると良いかなあと思いました。
 
 
フルタイムを強く望んだわけではありませんが、すぐに応募できた案件がすぐに決まったので、その流れに乗ったという感じです。
 
ソーシャルを半分・リアルを半分と考えいましたが、リアルが増えた分だけ、ソーシャルを1/3ぐらいに圧縮する必要があります。
 
まずは、自分の体力をなるべく消耗しないで、麹町の事務所に行く方法を考えました。
 
健脚の反対なので、足が痛くなるほどの痛勤だと、すぐにやめたくなると思いました。
 
そのため、お金がかかっても、最も楽な方法を考えました。
 
麹町の事務所の最寄りの駅は、地下鉄の麹町駅で、すごく近い出口があるのですが、階段しかありません。
 
一度、使ったのですが、とてもしんどかったです。
 
エレベータは、あるのですが、事務所から一番遠い出口にあります。
 
最初考えたルートです。
 
自宅ー>JR新川崎駅(徒歩)400m 坂道。
 
新川崎ー>新橋(グリーン)
 
新橋ー>番町(バス)
 
番町ー>JICA(徒歩)200m
 
さらに楽をしようと
 
自宅ー>鹿島田(自転車)200m 
 
鹿島田ー>川崎
 
川崎ー>新橋(グリーン)
 
新橋ー>番町(バス)
 
番町ー>JICA(徒歩)200m
 
これで、一日5000歩で坂道なしで快適です。
 
こんな感じです。
 
最後にJICAの契約のお仕事は、2つの意味で特別なものかと思っています。
 
①JICAは、ソーシャルの最大企業体です。ODAは、約1兆円です。
 
契約の仕事をしながら、社会貢献を楽しめるのは、イイなあと思っています。
 
あの日本財団が、約200億円ですから。
 
②購買の仕事ができる。60才を過ぎると三宅にあった購買のお仕事は、ほとんどありません。
 
購買管理職は、体力と気力を使いますので、もうイイかなと思っています。
 
担当者のお仕事に応募すると「オーバースペック」を言われて、面接まで行けません。
 
JICAのお仕事は、64才の購買担当者のお仕事として、残された数少ない1つかなと思っています。