こまちぷらす代表が語る これからの居場所×こまちカフェに参加した気づきです。
 
森 祐美子さんの語りを聞きたいなあと思って参加しました。
 
1。参加は、20名くらいでした。
 
2。こまちぷらすさんでは、スタッフの方と「結論のない朝Zoom」をされているようです。
 
3。森さん自身が「最近の新型コロナ対応で、運営形態を変更せざるを得ない環境の変化の中で、なんでこんなにショックなんだろう」と思われているようです。
 
それは、今まで、ご自分が幸せをもらっていたからとのお話でした。
 
4。1ヶ月前にスタッフの方々向けに作成したビデオを見せていただきました。
 
赤ちゃんの笑顔やスタッフの皆さんの楽しげな様子が残りました。
 
5。これからのあり方について。「地域に根っこを持ちながら、自由になる人を増やしたい。」とのお話でした。
 
自由を得た方々が、地域に根っこを求める流れと理解しました。
 
6。具体的には、①身体・感覚・感性を取り戻す。
 
「おいしいなあ」、「ほっとするなあ」、「ぞくぞくするなあ」
 
「楽曲のような場を作る。」
 
7。具体的には、② 情報だけでなく、時間と空間を共有する。
 
「間があるが大切」、「ほどよい距離感」
 
「必要なときに頼れる。必要でないときにほっといてくれる。でも歯車が狂い始めたら気がついてくれる存在」
 
8。具体的には、③凹凸感覚合う人との出会い。
 
「ほどよく異質を取り込む」、「新たな世界との出会い」
 
9。感想
 
① 今まで聞いたことのない森祐美子ワールドにひたひたと浸れる心地よさを感じました。
 
②ご自分の内面をさらけ出すことで、グーと場を引っ張っていく感じでした。
 
③産業界をはじめとして多方面の連携が可能な方のようなので、大きな可能性を感じました。
 
④またの機会があれば参加してみたいなあと思いました。