久米島訪問の気づき その7です。
 
話題は、食べ物です。
 
第一日目に近くのスーパーに行きました。
 
昔あった雑貨屋さんでした。
 
ホテルで飲む酒類とかつまみとかを仕入れました。
 
近くにファミマがありましたが、あえてスルーしました。
 
 
「おろしスーパー」です。
 
 
何気なく買った中に2つのお宝を発見しました。
 
一つは、「たんなふぁくる〜」です。アマ食パンを少し硬くして、甘さを抑えて、黒糖の風味を加えた感じです。
 
 
 
あまりに美味しいので、最後の一個を新岩城の女将さんに持って行って食べてもらったぐらいです。
 
二つ目は、「久米島」です。
 
 
翌日、久米仙に行った時に、「やあ、昨日飲んだ久米島が美味しくて。。」と言ってしまいました。
 
実は、「久米島」は、久米仙とは、別の、「米島酒造株式会社」というファミリービジネスの小さな酒蔵の泡盛でした。
 
久米仙は、「久米島の久米仙」という広告を打っています。
 
 
ちょっと紛らわしいですね。
 
久米島はアマゾンでも売っていますが、ちょっと高いです。私は、600ccで600円でした。
 
 
次は、パイナップルジュースです。
 
 
赤嶺パイン園さんです。
 
こちらは、唯一のパイン畑のようです。
 
パインジュースは、そこの部分が、シェーク状になっていて、
 
すぐに溶けない親切なジュースが、300円でした。
 
 
最後は、大東寿司です。那覇空港で買いました。
 
 
さわらのお寿司で、つけ汁がのっています。
 
そのつけ汁が辛くなく、いい感じでした。
 
またさわらのお寿司は、あまり食べた記憶がないのですが、
 
こんなに美味しかったかなあと思いました。