第一回みんなのさいわい PM 会議を実施した気づきです。

 

目的;現在進行形のプロジェクトのPM3名に集まっていただき、課題の共有を行い、そこからの学びを得る。

 

アジェンダ

 

1. 参加の動機:今日、何を学びたいか?

*ほかのプロジェクトがどんな感じで進んでいるか知りたい。

*みんなのさいわいのPMとは?を知りたい。

*自分の盲点を知りたい。

2.「最高の PM と最低の PM」

最高

*居ても立っても達成したい高いゴールを持っている。

*ゴールが実現できると思っている。

*メンバーの力を引き出している。

*ゴールの達成とメンバーの活動がきちんと紐付いている。

*ポジティブなトークができる。

*頼りになる。

*PMは、無理をしない、チーム員にも無理をさせない。

*裏表がない。

*支援先といい関係を持てる。

最低は、最高の反対。

3.  「PM として、今のプロジェクトを進める中 でも課題や問題点の共有」

*団体の制限条件がよく見えない。

*上記のため提案が小さくなる可能性がある。

*関連知識をもっと得たい。

*ゴールが見えない。

*ロジカルな説明ができているか少し不安。

4. 振り返り *参加の動機:今日何を学びたいかは、満たされましたか?

ほかのプロジェクトがどんな感じで進んでいるか知りたい。ー>Yes.他のプロジェクトの様子がわかり安心しました。

*みんなのさいわいのPMとは?を知りたい。->Yes.わかりました。

*自分の盲点を知りたい。ー>Yes.メンバーからの情報の引き出し方が参考になりました。


以上