友人の佐々木幸雄さんが、「ここからネット」の公開をするとの情報をFacebookに載せました。

一つの地図に上に所轄が違う団体が、利用者目線でみやすく並んでいます。

このマップは、日本で初めて作成されたものです。何がそんなにすごいかと言うと、

①日本の行政は、縦割りが強すぎて、横串の活動には、予算がつきにくく、この様な利用者目線のマップは、まず作成困難と思われるからです。

②例としてのお話です。福祉行政の中核中間支援組織である社会福祉協議会は、隣の町の活動がわからないくらいサイロ化されているところが多く、

未だメールアドレスを持たない(持つことを好まない)方が相当数いて、IT化がひどく遅れているようです。また、先進化する兆しが見えていないようです。

③ある東京23区内の社会福祉協議会さまから相談を受けたことがあり、拠点ごとに別々のサーバーで情報管理がされていて、同じ区の中での情報共有が困難というお話を伺いました。

同じ区内の拠点情報をMap化できないかという内容でした。

④ その様な状況の中で、今回の静岡市の取り組みは、日本国中にぜひ広げたい活動と思います。

⑤他の自治体さまでのライセンスの供与も可能な様なので、現状の打開をお考えの方は、佐々木さまにコンタクトされたらと思います。

佐々木さんのオリジナルのFacebook投稿は、下記の通りです。

—————————————————-

本日、静岡市の市民活動支援ウェブサイト「ここからネット」が一般公開されました。私が2年間、ゼロから取り組んできた仕事です。

単に市民活動団体(NPO)の情報を検索できるだけではなく、市の公開情報とあわせて、地図上から探すことができます。静岡市独自のコンセプトのウェブサイトです。

市の情報だけ、NPOの情報だけというものはありますが、両者を組み合わせ、さらに地図を利用することで、地域の活動をひと目で探せるようにしたウェブサイトは国内初です

公開にあわせて、まずは子育てマップから始めました。市が保有する認定こども園、保育園、幼稚園、小規模保育施設等、認可外保育園、子育て支援センターの情報とともに、未就学児の支援を行うNPOの情報がひと目で見られます。

これから認定こども園、保育園などを探す、働くお母さん、お父さん。これから静岡市に転居していくご家族にとって、とても便利なページだと思います。

トップページから「地図で検索」→「子育て支援マップ(未就学児向け)」をご覧ください。

スマートフォンでも見やすくデザインされており、位置情報(GPS機能)を利用して現在地付近の情報が見られます。

※静岡市以外の方は、スマートフォンで見る場合、現在の情報を許可しないでご覧ください。

位置情報が得られない場合は静岡市役所付近が中心になるのでみやすいと思います。

公開当初は、子育てマップとNPOマップだけですが、他の部署の協力を得ながら(オープンデータ化)、NPO情報とあわせてご覧いただけるようにしていきます。

できましたら、ここからネットの情報をシェアしていただき、情報の拡散にご協力いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

以上